トレーナーになるために

電子カルテと看護師

nlpの研修は、認可を受けた場所で行われている。
その技術は誰でも使うことが可能であり、主婦が子育ての場面でその技術を活かすこともできる。

プラクティショナーコースはそこから一歩進んで、その技術を活かし、教育現場やコーチングの現場で活かすことができるような人材を育てることが目的である。
nlpのトレーナーになるためには、プラクティショナーコースとマスタープラクティショナーコースを受けた上で、トレーナー基準をクリアすることが求められている。

トレーナーになれば、nlpの技術を使い、独自のコースを作り出すことが可能となる。

Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.

Powered by WordPress | Designed by: wordpress 4 themes | Thanks to Free WordPress Themes, Themes Gallery and Premium Themes