人の思考を察知する

nlpとは、人間の認識は神経を介し、言語や仕草で現れるとする研究である。
プラクティショナーコースを選べばこのnlpを教えることができ、教育現場に役立てることが可能である。

人の考えていることは、簡単に分からない。
しかも考えている本人ですら意識していないことがある。
そうした無意識には行動に影響し、原因が分からないうちに物事がうまくいかないという状況を生み出してしまう。

nlpではこうした思考回路の癖や、今どのような思考回路になっているのかを察知できるように技術を体系化している。

Powered by WordPress | Designed by: wordpress 4 themes | Thanks to Free WordPress Themes, Themes Gallery and Premium Themes